弁護士 世田谷区 あなたの身近な顧問弁護士
コモン法律事務所
小田急線・井の頭線「下北沢駅」南口徒歩3分
Mail: common@common-law.jp
 Tel: 03-5452-2015
世田谷区 弁護士
世田谷区 弁護士 法律事務所
弁護士 石本伸晃
(東京弁護士会所属)
弁護士の著書 
弁護士 東京 世田谷区 弁護士 東京 世田谷区
「最新 民事訴訟法の基本と仕組みがよーくわかる本」 「世の中がわかる憲法ドリル」
弁護士 東京 世田谷区 弁護士 東京 世田谷区
「株主総会の運営と決議Q&A」 「政策秘書という仕事」
弁護士 東京 世田谷区 弁護士 東京 世田谷区
 「ピエールの司法修習ロワイヤル」  「ピエールの司法試験合格レシピ」
HOME事務所案内法律問題 Q&A法律相談弁護士費用コモン・カフェ


相続・遺言
離婚
破産
民事訴訟
刑事事件
判例集
 HOME > 法律問題 Q&A > 相続・遺言

 

Q. 限定承認とはなんですか?

 被相続人(亡くなった方)が債務を負っていたことは知っているが、相続財産が全体としてマイナスになっているかどうかは不明である場合もあります。
 このような場合には、限定承認という手続をとることができます。

 限定承認とは、相続人が被相続人の遺した積極財産の範囲内で消極財産を負担することを内容とする相続のことをいいます。
 つまり、負債を清算して残りがあれば、相続人はこれを相続できることになります。

 限定承認をする場合には、相続人が相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、財産目録を作って家庭裁判所に提出し、限定承認をすることを申述しなければなりません。
 なお、相続人が数人いる場合には、限定承認は、相続人全員が共同でしなければなりません。


HOME | 事務所案内 | 法律問題 Q&A | 法律相談 | 弁護士費用 | コモン・カフェ
Copyright (C)  2004 Common law office. All right reserved.